Call a Spade a Spade

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コインの裏表

 世の中にはコインの裏表がいっぱいある。
 例えば、ある人は一人の人を見て「神経質」だと言う。でも、他の人はその人を見て「心遣いが細やか」、と表現するかもしれない。
 同じ一枚のコインを見ていても、表から見るか裏から見るかで違う面が見えてくる。
 電車で見た英会話の広告じゃないけど、人は百人百様。同じ世界を見ているつもりでも、受け取り方や感じ方は人それぞれ。百人いれば、百通りの世界。
 だから、言いたい。
 あなたはあなたが思っているほど弱くも小さくもないのかもしれない。逆に、あなたは自分が思っているほどいい人間でもないのかもしれない。
 何を言いたいのかっていえば、自分で自分を追いつめる必要も、人の言葉で自分をつくる必要もまったくないってこと。
 弱さも強さもひっくるめて、ありのままの自分を好きになって認めてあげればいい。
 もともとコインは一枚なんだから。
スポンサーサイト

不安と猿

 不安てのは逃げれば逃げるほど大きくなる。かといって、見つめすぎても呑みこまれる。
 逃げると不安が大きくなるのは、不安の正体が分からずに恐怖が想像で膨らんでしまうから。近づきすぎると囚われるのは、不安しか目に入らなくなってしまうから。
 そんな不安と向き合う方法は、猿に襲われた時の対処法と少し似ている。猿の目を見つめないように視界に入れて、猿が立ち去るのを待つ。かなり以前にテレビで見たけど、猿ってのは目を合わせても襲ってくるし、背中を向けても襲ってくるらしい。
 もちろん、不安は猿とは違って自ら立ち去ってはくれないし、正面から向き合えるならそれが一番いい。
 ただ、不安とも猿ともなかなか正面から戦えないという人は、少し距離をもって斜め向かいぐらいから向き合い始めればいい。
 不安は誰の中にもある。大きくするか、自制するかは自分次第。

居場所

 最近、人には自分のことを理解してくれる自分以外の誰かの存在が必要なんじゃないかってことをよく思う。
 もちろん最終的に人は一人で生きていくものだし、自分が自分のことをよく理解することの方が重要だったりする。でも、その人の幸せってことを考えた時、人には自分以外の誰かとのつながりが必要だと思う。
 例えば、人によってそれは親友や恋人や先輩だったり。でも、やっぱりその根底には、両親や兄弟といった自分の育った家族の存在があると思う。
 こないだ読んだ“子どもの居場所”についての本では、「大切なのは場所そのものではなく、そこで育まれる人と人とのつながり」って書いてあった。
 〈今、自分の居場所はどこだろう?〉そういうことをふと考えた時、そこにいる人たちの笑顔が自然と浮かぶような関係を築いていきたいと思った。 

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。